痒みの原因

トコジラミ駆除の相場

人間の血を吸い、痒みを引き起こす厄介者であるトコジラミ。トコジラミという名前から布団などに潜んでいるイメージがありますが、実は室内のいたるところに潜んでいます。 トコジラミ自体非常に小さいですし、畳の隙間など見えにくいところに潜んでいるのでトコジラミ駆除は個人の手で行うことが難しいです。 また、最近では薬剤に耐性のあるトコジラミが海外からの輸入品や旅行者によって持ち込まれる事例もあり、個人的に薬剤を散布するなどの対策によって根絶することは更に難しくなっています。 こういった事情から家などにトコジラミが発生し、トコジラミ駆除を行うなら害虫駆除を専門に扱う業者に依頼するのが一番効果的と言えます。 トコジラミ駆除を業者に依頼した場合の相場は、通常のシングルルームで6〜7万円くらいとなっています。値段は広さと部屋の内装によって変わってきます。

トコジラミと日本の関わり

トコジラミは吸血性の虫でありその際に痒みを伴うことから、昔から害虫として駆除の対象でありました。 トコジラミは別名南京虫とも言います。南京虫の別名からも分かる通り、古来日本には存在しない虫でした。正確な渡来時期は分かりませんが、室町時代以降の南蛮貿易などで荷物などを介して日本に流入しました。 江戸時代頃まではそれほど全国的に広がることは無かったようで、広く日本国中に広がるのは幕末ごろになってからでした。 この頃は清潔にして発生を防ぐ以外に方法は無く、トコジラミ駆除といった形は近代に入って殺虫剤が開発されるようになってからのことです。 戦後高度経済成長を通じて、衛生環境の改善や殺虫剤によって日本国内ではトコジラミを目にする機会は減りました。しかし最近では海外との交易の活発化や、旅行者の増加によってトコジラミが流入して新たな問題となっています。